食品添加物

食品添加物の全粉乳とは?アレルギー物質?

こんにちは!まさ(@aff_blog_com)です!

 

このブログで商品の紹介をしていると原材料名や食品添加物をよく見る機会があります

 

でも、それを見たところで

  • この原材料が何に使われているのか?
  • 自分の知っているものと何が違うのか?

とかほとんどわかりませんでした笑

原材料名を見るようになってから、どれが何に使われていてどんな役割があるのかすごく気になり出したので調べてみました!

 

今回は全粉乳(ぜんふんにゅう)について解説していきます。

 

全粉乳(ぜんふんにゅう)とは?

簡単にいうと「牛乳などの乳類から水分を飛ばして粉状にしたものが全粉乳」ということですね!

ちなみに、脂肪類を含まない乳類を粉状にしたものを脱脂粉乳と呼びます

脱脂粉乳はまだ耳馴染みもあるかもしれません

 

脱脂粉乳は全粉乳と比べて脂肪分がほとんど無いので、酸化がしにくく賞味期限(消費期限)が長くなります

逆に全粉乳が使われている製品は脱脂粉乳が使われている製品よりも脂肪分が酸化する分、賞味期限(消費期限)が短くなります

 

体への害やアレルギー反応は?

体への害は特にありません

もちろんなんでも過剰摂取はよくないですが、このブログで紹介するようなお菓子の量なら問題ありません

 

お菓子一袋でも摂りすぎの方が逆に問題ですね笑

 

ただし乳成分にアレルギーを持っている方は反応する可能性があります

全粉乳の原料は牛乳です

牛乳は乳製品ですので、アレルギーをお持ちの方は控えられた方がいいでしょう

 

まとめ

全粉乳はチョコレートやクリームなどが使われてるほとんどのお菓子に使われています

気にしすぎることはありませんが、アレルギーをお持ちの方は全粉乳にはご注意ください(シ_ _)シ

 

そのほかの食品添加物も紹介しているのでよろしければどうぞ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になりましたらブックマークへの追加や記事の共有Twitterのフォローなどしていただけると幸いです!

ABOUT ME
アバター
まさ
甘いものやお菓子が好きが高じてブログとして発信していくことにしました!笑 ただそれだけではなく、人にお土産として渡したりプレゼントするような場面で当ブログを役立てもらいたいので、情報量はどんどん増やしていく予定です。ご意見ご要望等ありましたらTwittreのDMまたは当ブログのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。